SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文化分解

デザインの世界でひたすら走り続け、気がつけば恐ろしや早くも三十有余年にもなる。文化と経済は車の両輪と云われながらも、わが日本では文化は未だに経済の脇役に甘んじ、心の豊かさや生活の潤いは暗中模索の只中にいる。このプログでは、少々の脱線は予測されるものの、文化を基軸にしたものにしていきたい。
<< どちらが選ばれるかロゴタイプ2案 | main |
清水九兵衛氏と楽吉左衛門氏
0
    京都府庁の西100mほどの中信美術館へ行き、続いてその美術館からまっすぐ北に5分程歩いた楽美術館へ行く。
    まずは没後5年を迎えて開かれている清水九兵衛展の中信美術館に。美術館としては小ぶりなRCの建物で、受付を済ませ、奥の扉を開けて一旦屋外に出、突き当たりのすぐの扉を引いて別の建物に入ると作品の展示場になっている。観覧していくと分かるのだが、二つの建物は2階部でつながり、見終わってサインに従って1階に降りると、最初に入った建物側に戻る。観覧者にとってはスムーズな動線である。
    さて、清水九兵衛氏の作品であるが、現・名古屋工業大学の建築科を卒業後、東京芸術大学の鋳金科に入学し、在学中に陶芸家6代清水六兵衛の養嗣子となった履歴と作品が見事に重なり合う。館内には茶器などの陶芸作品あり、無駄を排した抽象形態のオブジェあり、オープナーの機能をそなえたプロダクトデザイン的なものがある。また京都市民にはおなじみの都メッセの巨大な朱が鮮やかな彫刻も氏の作品であり、多彩である。使われる素材も土、ガラス、金属、木と、いろいろである。
    どの作品も緻密に計算された緊張感がありクールな印象を感じた。
    中信美術館

    続いて、楽美術館に。
    こちらは対照的に伝統的な京都の商家の外観を残しつつ、中を改造して楽家代々の作品の展示場となっている。初代長次郎から現在の15代に至る茶碗の数々はその間四百年以上もあるとは、素人の私には読みとることができない。これが伝統というものなのか。ただ明らかに違って感じられたのは、現・吉左衛門氏の茶碗。これはまさに見せ場を意図的に創ったアートになっている。反面、作為なるものも感じる。代々の作品を遡っていくと、そのような意図的な作為があまり表にになって感じられない。いわばナチュラルなのである。だが、ただ一つ本阿弥光悦が作陶した茶碗にだけは、アートを感じ、凄まじい作為なるものが私には伝わってきた。
    作為の是非は別として、現在の15代楽吉左衛門氏と本阿弥光悦の作品になぜかその共通するものを見、興味がそそられた。
    楽吉左衛門館
    | 京都 | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.arp-design.com/trackback/797654