SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文化分解

デザインの世界でひたすら走り続け、気がつけば恐ろしや早くも三十有余年にもなる。文化と経済は車の両輪と云われながらも、わが日本では文化は未だに経済の脇役に甘んじ、心の豊かさや生活の潤いは暗中模索の只中にいる。このプログでは、少々の脱線は予測されるものの、文化を基軸にしたものにしていきたい。
<< 妻と娘の初ジョイントコンサート | main | 北新地に陸渡御復活 >>
生花の感触、プリザーブドフラワー
0
    わが家には家内がピアノをしていることもあってグランドとアップライトの2台のピアノがあり、その内のレッスン室にあるグランドピアノの上には、ずいぶん前から花のアレンジメントが飾られている。これまで、その存在は知っていたが、単なるドライフラワーと見過ごしてきた。先日、ある方のお嬢さんのコンサートがあり、その方へのお祝いの花を贈ろうとしたとき、家内から提案があってはじめて知ったのが、このアレンジメントの思わぬ秘密だった。舌がもつれそうだがプリザーブドフラワーといい、ヨーロッパ生まれらしい。その取り扱いショップでパリにあるクロードカンコーが日本に進出し店舗展開している。ホームページによれば、「生花に特殊な技術をほどこし、フレッシュなままの柔らかさと美しい色合いを長く楽しむことができるように作られた、生花ではないドライでもない新しい花のスタイル。また、環境に気を配ることによって数年以上もその美しさを楽しむことができます。花が一番美しい瞬間に、特殊な溶液に浸し、一度水分と色素を取り除きます。その後、あらためて色付けを行うため、実際にはない色合いを楽しむ事ができます」とある。
    はじめてわが家のプリザーブドフラワーに触れてみた。やわらかい!確かにこれはドライフラワーではない。今でこそ減色してしまっているが、何年か前までは花の色を保っていたという。世の中不思議なものがあるものだ。演奏活動をしている家内曰く、「コンサートをすると花束を一杯いただき、家中花だらけ。それだけではすまなくなってお隣さんにおすそ分けしたりする。ところが2週間もすれば、ほとんどの花は花瓶から失せてしまう。残るのはこのプリザーブドフラワー。2年、3年は花の色を保って生花と変わらない」と。
    これだ!と早速、クロードカンコーが入っているそごうに行って買い求めた次第である。

    ブリザーブドフラワー
    写真:クロードカンコーHPから
    クロード・カンコーHP
    | 音楽 | 12:11 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2009/07/11 12:19 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2009/07/09 3:08 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2009/07/06 11:41 AM |










    http://blog.arp-design.com/trackback/684424