SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文化分解

デザインの世界でひたすら走り続け、気がつけば恐ろしや早くも三十有余年にもなる。文化と経済は車の両輪と云われながらも、わが日本では文化は未だに経済の脇役に甘んじ、心の豊かさや生活の潤いは暗中模索の只中にいる。このプログでは、少々の脱線は予測されるものの、文化を基軸にしたものにしていきたい。
<< 人はヒトとして自然なのだろうか | main | 妻と娘の初ジョイントコンサート >>
座かんさい月例会+地球研市民セミナー
0
    毎月第3金曜日は、ものづくりの仲間が中心となって設立した「座かんさい」の月例会になっている。ところが、かねてより是非参加したいと考えていた地球研(総合地球環境学研究所)の市民セミナーも同じ第3金曜日に開催されることが多く、これまで何度も聴講できずに悶々としてきた。今回の「座かんさい」の例会日がまたしてもバッティングしていた。しかしながら、月例会がたまたま今回に限り場所を大阪から京都に移しての開催であったことから、密かに一計を案じ、例会の議題に市民セミナーを組み込んだプランを立ててみたところ、幸運にも実施の運びと相成ったのである。
    その月例会兼市民セミナー聴講が昨日19日、京都の丸太町であった。地球研のセミナーのテーマは「捕鯨論争−21世紀における人間と野生生物の関わりを考える−」。面白いテーマと自分では思いながらも、メンバーはどうであろうかと遠方の京都開催であることも加わって参加率が心配であったが、ふたを開ければ、セミナー後の例会と懇親会に予定した食事の店をほぼ貸し切り状態にしてしまう程の大盛況となった。前日までは台風直撃の心配もあったものの、当日は持参した傘を一度も開くことのない天候に恵まれたのもラッキーであった。
    さて、捕鯨論争をテーマとしたセミナーは、地球研副所長の秋道智彌氏とグリーンピースジャパンの事務局長星川淳氏の基調講演の後、お二人の対論という構成。我々一般人には知らされていない調査捕鯨の実態が知らされる。えーっ、日本は年間1千頭以上も捕殺しているの!しかも船内で解体処理され、あらかじめきちんと印刷された鯨肉のパッケージに詰められる。それを売って、次年度の調査捕鯨の事業費に充てるとか。調査を続ける事業費捻出のための1千頭に思えてしまう。陸上のほ乳類であるゾウやチンパンジーの調査で1千頭も殺したという話は聞いたこともない。調査は殺さなければできないものなのか。胃袋の中身を調べるためにとか、殺さないと年齢が分からないと言うことも鵯千頭という数字では説得力を欠く。
    ここ世間を震撼させている事故米の恐怖の中にあって、長年にわたって続けられている調査捕鯨にも何かの政治力が働いているのか、特定の人間の意地や利権で続けられているのか、首を傾げるばかりである。
    2次会での、皆に美味い!と好評をいただいた銀シャリと焼き鳥の店、たまたま妻が見つけてくれた店だが、その店のメニューの焼酎リストに何本も引かれた字消しテープが、調査捕鯨とオーバーラップして見えたのは私だけだったろうか。

    捕鯨論争
    会場で配られた資料の表紙




    | 文化 | 16:28 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2009/02/25 11:01 AM |










    http://blog.arp-design.com/trackback/673788