SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文化分解

デザインの世界でひたすら走り続け、気がつけば恐ろしや早くも三十有余年にもなる。文化と経済は車の両輪と云われながらも、わが日本では文化は未だに経済の脇役に甘んじ、心の豊かさや生活の潤いは暗中模索の只中にいる。このプログでは、少々の脱線は予測されるものの、文化を基軸にしたものにしていきたい。
<< ヴェクシェーに木の国・日本がある | main | 心安まる町並みは? >>
第25回記念 プロムナードコンサート
0
    来る5月18日(日)は、第25回プロムナードコンサートが開かれる。これは京都市立芸術大学音楽学部の同窓会「真声会」の京都支部が毎年恒例の催しとして開いているもので、今年は節目の25回を迎えることから、会場を京都府民ホールアルティから京都コンサートホールに移しての開催となる。私は違う芸大のデザイン出身者ではあるが、10年近くにわたってこのコンサートのためのチラシやチケット、プログラムをデザインさせていただいている。毎回念頭に心がけていることは前年を少しでも上回るデザインになること。さて第三者的に見られていかがなものか。たまたま妻がこの大学の同窓生であり、真声会の活動に携わっていることや、長男も同じ大学の美術学部に席をおいたこと、さらに好きな京都に住んでいるもあって、もう気持ち的にはすっかり京芸同窓生の一員になりきっている。そういう中での25回の節目での当日のコンサートは内心楽しみだ。4組が出演され、どれも興味がそそられるが、なかでも最後の平井妙子、増永智子両氏による2台のピアノによるラフマニノフ作曲「組曲第2番Op.17」。30分近くの大曲難曲だが、それを何と!暗譜して弾かれるとか。お二人の息のあった演奏が見もの聴きものである。

    25thプロムナード
    プロムナードコンサート PRチラシ
    | 音楽 | 11:29 | - | - | - | - |