SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文化分解

デザインの世界でひたすら走り続け、気がつけば恐ろしや早くも三十有余年にもなる。文化と経済は車の両輪と云われながらも、わが日本では文化は未だに経済の脇役に甘んじ、心の豊かさや生活の潤いは暗中模索の只中にいる。このプログでは、少々の脱線は予測されるものの、文化を基軸にしたものにしていきたい。
aaca体験シリーズ「日吉・北山塾」
0
    社団法人日本建築美術工芸協会・かんさいでは、6月16日?17日(1泊2日)、『日吉・北山塾』を盛会のうちに無事終了した。

    関西地方梅雨入り宣言直後でありながら、この2日間は見事なまでの快晴に恵まれ、aacaかんさいの記念すべき第1回目の体験シリーズを迎えたのであった。

    第1日目は、日吉山の家にて陶芸家寄神宗美氏(aaca会員)が講師役となっての陶芸体験。常日頃、土に触ることのない参加者も盛り皿作りに時間を忘れて没頭、後日の焼き上がりに思いを馳せての愉しい一時となった。夕食は場所をかえて寄神氏のアトリエで。氏の奥様の陣頭指揮のもと、地元の方々の真心こもった家庭料理の数々は京都市内のおばんざい専門の店にもひけをとらない味付けで参加者をうならせることしきり。極めつけは新鮮な鹿肉の炭火焼へと続く。もちろん、ワインでの乾杯からビール、日本酒、焼酎、ウォッカとアルコールが進んだのは言うまでもない。途中、晩餐を中座して、アトリエ前を流れる小川での蛍を鑑賞、群舞し明滅する幽玄の世界を楽しんだ。

    第2日目は、ほぼ定刻の8時半スタート。日吉森林組合の湯浅勲氏(理事・参事)に先導されての山歩き後(深夜遅くまで深酒をしたメンバーにはアルコールを抜く良い運動に)、森林活性化への熱弁を受ける。林地を団地化したり、作業現場にフィンランド製の高性能機械を導入するなど、全国から注目を浴びる革新的な森林産業に聴き入った。そして最後のメニューは、中田林業の代表でaaca会員でもある中田明氏による北山丸太の現状と今後の課題などを聴いた。見事な北山杉が林立するご自身所有の山々を見学、想像を超える並々ならぬ手入れは、まさに親が子を育てるに似た真心を参加者は感じ取ったに違いない。他に230年前に建築の日下部邸、書院からの見事な景観に心洗われる宗連寺の見学などもあり筆舌に尽くしがたしといった内容の濃いものとなった。

    こうして瞬く間に2日間が過ぎ去ったが、体験シリーズの名にふさわしく、aacaかんさいとして次の第2回目へと続く手応えを実感した次第。
    | 建築・美術・工芸 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「aacaかんさい」の設立2周年記念イベント
    0
      来る11月8日(木)、社団法人日本建築美術工芸協会の関西支部「通称、aacaかんさい」は、設立2周年記念イベント「文化の語らいと室内楽の夕べ(仮称)」を開催します。会場は国指定重要文化財の中之島公会堂で第一部は午後4:00開演、第二部は午後6:00開演の2部構成で行います。
      一番のメインイベントは、第2部の文化講演会で、講演者は動物行動学の権威であり、環境問題にも造詣が深い日高敏隆先生。東大を卒業され、東工大・京大の教授、滋賀県立大学の学長を歴任された後、総合地球環境学研究所の所長を務められ、本年3月末に任期満了で退官されました。その日高先生の著書は数多く、「春のかぞえ方」で日本エッセイスト賞を受賞されたほどの文才の持ち主。また講演も思いもよらぬ興味あふれる内容で、かつ平易にお話しいただけ、一度、聴かれた方は大ファンになってしまうこと請け合いです。そして二部の最後を飾るのが室内楽。関西を中心に第一線で活躍する演奏家4人(ヴァイオリニスト赤松由夏、チェリスト左納実子ほか)による響宴を聴いていただきます。
      私、立松直樹はこのイベントの企画および各種印刷物(チラシ、チケット、ポスター、プログラム)のデザインを担当して、この日の盛会を夢見ています。
      | 建築・美術・工芸 | 00:54 | - | - | - | - |
      立松 功至、初入選で読売テレビ賞受賞
      0
        長男、功至の染色作品「海の中道」で第29回日本新工芸展に応募し、初入選で「読売テレビ賞」を受賞。
        国立新美術館から巡回で7月10日から京都に。
        ●第29回日本新工芸展(平成19年7月10日(火)〜7月15日(日))
        ●開館時間/午前9時〜午後5時(最終日は午後4時まで)
        ●京都市美術館(岡崎公園)
        功至作品「読売テレビ賞」
        第29回日本新工芸HP
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~nihonshinkogei-kyoto/jushousha.htm
        | 建築・美術・工芸 | 00:46 | - | - | - | - |