SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

文化分解

デザインの世界でひたすら走り続け、気がつけば恐ろしや早くも三十有余年にもなる。文化と経済は車の両輪と云われながらも、わが日本では文化は未だに経済の脇役に甘んじ、心の豊かさや生活の潤いは暗中模索の只中にいる。このプログでは、少々の脱線は予測されるものの、文化を基軸にしたものにしていきたい。
清水九兵衛氏と楽吉左衛門氏
0
    京都府庁の西100mほどの中信美術館へ行き、続いてその美術館からまっすぐ北に5分程歩いた楽美術館へ行く。
    まずは没後5年を迎えて開かれている清水九兵衛展の中信美術館に。美術館としては小ぶりなRCの建物で、受付を済ませ、奥の扉を開けて一旦屋外に出、突き当たりのすぐの扉を引いて別の建物に入ると作品の展示場になっている。観覧していくと分かるのだが、二つの建物は2階部でつながり、見終わってサインに従って1階に降りると、最初に入った建物側に戻る。観覧者にとってはスムーズな動線である。
    さて、清水九兵衛氏の作品であるが、現・名古屋工業大学の建築科を卒業後、東京芸術大学の鋳金科に入学し、在学中に陶芸家6代清水六兵衛の養嗣子となった履歴と作品が見事に重なり合う。館内には茶器などの陶芸作品あり、無駄を排した抽象形態のオブジェあり、オープナーの機能をそなえたプロダクトデザイン的なものがある。また京都市民にはおなじみの都メッセの巨大な朱が鮮やかな彫刻も氏の作品であり、多彩である。使われる素材も土、ガラス、金属、木と、いろいろである。
    どの作品も緻密に計算された緊張感がありクールな印象を感じた。
    中信美術館

    続いて、楽美術館に。
    こちらは対照的に伝統的な京都の商家の外観を残しつつ、中を改造して楽家代々の作品の展示場となっている。初代長次郎から現在の15代に至る茶碗の数々はその間四百年以上もあるとは、素人の私には読みとることができない。これが伝統というものなのか。ただ明らかに違って感じられたのは、現・吉左衛門氏の茶碗。これはまさに見せ場を意図的に創ったアートになっている。反面、作為なるものも感じる。代々の作品を遡っていくと、そのような意図的な作為があまり表にになって感じられない。いわばナチュラルなのである。だが、ただ一つ本阿弥光悦が作陶した茶碗にだけは、アートを感じ、凄まじい作為なるものが私には伝わってきた。
    作為の是非は別として、現在の15代楽吉左衛門氏と本阿弥光悦の作品になぜかその共通するものを見、興味がそそられた。
    楽吉左衛門館
    | 京都 | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    心安まる町並みは?
    0
      今日、またしても一つ歳を重ねてしまった。
      最近になって健康も考え、自分の住む京都市内ぐらいは車をおいて極力歩くようにしているが、心安まる町並みは?と聞かれたときにどこが浮かぶか躊躇してしまう。和辻哲郎の「風土」にある「内と外」に対する日本人の意識がそうさせているのかどうか、京都に限らず日本からは、間違いなく心安まる町並みや景観は少なくなっていると感じる。私の住む町内に送り火が見えなくなるとあれだけ景観で反対していたマンションが今や平然と建ってしまっている。
      先日、スウェーデンのヴェクシェーのことを書いたが、それを受けて鍛金をされているアーティストの方から『スウェーデンのヴェクシェーは次に訪ねようと思っている町です。町の中にアーティストが工房を構えて生活しているので、羨ましい環境です。』とメールをいただいた。自然に囲まれた街中でアーティストが創作活動できる環境が結果として高い再生可能エネルギー比率となったり、高層の完全木造住宅ができる風土を築いているのでは。

      この週末は、名古屋の南、有松に3年ぶりに行ってこようと思う。ご存知の有松絞りで知られる古きよき伝統が残る町で、この中の竹田嘉兵衛商店(※三宅一生に生地を提供?)の三番蔵ギャラリーで、知人の絵画作家と日本の町並みを絹のはぎれで描く作家の二人展を観に。
      | 京都 | 12:25 | - | - | - | - |
      京都の冬景色を歩く
      0
        昨日の春一番の強風一過、一転して真冬へと逆戻りした京都洛北。今朝は積雪の冬景色が窓から美しい。いつもの日曜日であれば、午前中を週唯一の運動にあてるボーリングも何かの大会があるためか、携帯でチェックすると待ち時間は1時間以上。ならば、これが吉日と冬景色を満喫する久々のウォーキングタイムに変更することにした。たまたま、染色作家をしている長男が京都工芸美術作家協会展に出品していることもあり、その会場である京都府立文化芸術会館までの片道約5キロの道のりを行くことにした。自宅を出て、まずは疎水沿いを歩き、続いて下鴨神社方面へ向かう道をまっすぐ南に。神社の社叢が右手に見えてくると、堪らなく寄り道したくなった。急きょ西に向きを変える。ぐるりと左に大回りして神社の北口から境内に入り、幣殿に相対し、よく響く柏手を打つ。心が晴れた。

        下鴨神社
        下鴨神社の幣殿の軒下にゆかりの葵を見つけた

        下鴨神社鳥居
        下鴨神社の朱色の鳥居と降りしきる白い雪がなかなか

        さて、そこから鳥居をくぐり雪の降りしきる参道を行く。加茂川と高野川の合流点に出たところから河原に下り、河川敷が鴨川公園となっている石畳の道を下っていく。じつに気持ちがいい。人ともほとんどすれ違わない。黒く寒々と流れる水の中にサギが白い姿を、雪の積もった広々とした園地でハシブトガラスが黒い姿を見せているぐらいだ。まもなく右手に府立医科病院の病棟、続いて藤田ホテルに。ここから上がって荒神口の交差点を渡り、少し逆戻りしたところにめざす文化芸術会館があった。偶然、長男の恩師で、昨年、京都市立芸術大学を退官された井隼慶人先生にお会いし、お話しをさせていただくことができた。その先生の作品や長男の作品などを鑑賞後、河原町通り、それに続く下鴨本通りの車道を歩いて帰宅の途に着いた。今日の10キロほどのウォーキングは京都に住んでいるからこその贅沢な私への贈物となった。日頃、車では気がつかないいろんな店、いろんな建物、いろんな景観も楽しめた。そしてボーリング以上の運動量もこなすことができた。さてさて来週の日曜日はどうしよう。
        | 京都 | 00:00 | - | - | - | - |
        忘年
        0
          2007年 冬



          aacaかんさいの記念イベントにどっぷり浸かった後遺症で貯まっていた仕事にもう一つ集中できないまま焦りに焦った1ヶ月が過ぎ、ようやく前のペースに戻ってきた! これは歳のせいか。
          | 京都 | 11:25 | - | - | - | - |
          晩秋
          0
            2007年 秋

            晩秋
            | 京都 | 23:15 | - | - | - | - |
            秋近し
            0
              2007 秋来

              秋来
              | 京都 | 00:56 | - | - | - | - |
              暑中お見舞い申し上げます。2007 盛夏
              0
                2007暑中見舞い

                2007 盛夏
                | 京都 | 21:25 | - | - | - | - |
                AACAかんさい体験シリーズ 第1回
                0
                  陶芸体験と北山杉の山を歩く


                  私が会員になっています社団法人日本建築美術工芸協会において、自然に触れ歴史・文化に浸るAACAかんさい体験シリーズ(第1回)が実施されます。題して「陶芸体験と北山杉の山を歩く」。土をいじり、緑の中に体をおく日常とは違う体験を通して、新たな自分を見つめ直したり、再発見する機会が得られるのではないでしょうか。
                  2007年6月16日−17日(1泊2日)京都・日吉-北山塾開講 広く一般からも受付中です。

                  近頃の私たちは手でものを作る機会が少なくなってきています。書き物や図面制作にしてもペンや鉛筆で書いていたものが,最近はほとんどパソコンに頼る事が多くなっているのが現状ではないでしょうか。しかし頭でものを作る事と、手や身体を働せて作業をする事は当然異なってきます。頭の中の思考で考えている事より、実際に作ってみることによって次のアイデアが生まれ、創造がさらに広がります。都会からの喧噪を離れて陶芸や緑豊かな山々を歩いて楽しみませんか。と同時に16日の夜は、この季節とっておきの風情である飛び交う蛍を仲間とともに楽しみましょう。ご興味おありのかたには、ぜひご参加ください(先着24名様限り)。新しい発見がきっと出来ることとと思います。

                  興味おありの方はこちらへ、
                  社団法人日本建築美術工芸協会・かんさい http://aaca-kansai.com/
                  | 京都 | 19:35 | - | - | - | - |
                  京都・新橋に咲いた白梅
                  0
                    世間一般では三連休。私にとっては久々の二連休なのだが、その前日の土曜日の夜、大阪の事務所から京都の自宅への帰宅の途中から咳が出はじめ、日曜の朝はついに本格化。せっかくの連休ながら自宅で悶々と過ごした。
                    さて、先週の4日の日曜日は長男が染色の仲間4人とグループ展「RO-MAN染色展」を京都三条の「ギャラリースペース○△□」で催していたので、ちょっとのぞきに。その後、せっかく三条まで来たのだからと、寒風の中、足を延ばして四条新橋界隈へテクテク。写真は、その時に撮ったもので、もう陽が沈もうとする頃のものだ。撮影条件はよくはないが、衝動的に撮ってしまったのは、新橋を流れる白川に架かる小さな橋のたもとに春間近を思い起こさせる白梅の花!を見つけたからだ。しかもそれが料理旅館「白梅」の由緒ある梅なのだから京都らしいの一言に尽きる。かつては歌人の吉井勇も遊んだお茶屋「大柳」が、業態変更する際に、女将が愛していた白梅を旅館名にしたとか。
                    京都白川
                    京都・新橋を流れる白川
                    白梅
                    白川に架かる小さな橋のたもとに咲く白梅

                    そういえば、お茶屋といえば「井筒屋」がすぐ近くにあったはず!辰巳大明神の向かいに瀟洒な京町家のレストランがあるが、ここが幕末の長州藩士高杉晋作が遊んだお茶屋なのだ。これまた京都らしい!!
                    そんなこんなで、寒さを忘れてウロウロした結果が、今の風邪の原因なのかもしれない。早〜く春になあ〜れ。
                    辰己明神
                    辰己大明神
                    井筒屋
                    かつてお茶屋「井筒屋」だった町家
                    | 京都 | 23:23 | - | - | - | - |
                    RO-MAN 染色展
                    0
                      出品者……姜基勇、立松功至、安藤隆一郎、近藤卓浪、石田寿治
                      ●期間:第一週/2007年1月30日(火)〜2月4日(日)
                      ●期間:第二週/2007年2月6日(火)〜2月11日(日)
                      ●時間:12:00〜19:00※最終日17:00迄
                      ●会場:ギャラリースペース○△□ TEL.075-525-2315
                      (京都市東山区古門前通三吉町345-5 ※地下鉄三条京阪駅から徒歩4分)
                      RO-MAN_1RO-MAN_2

                      追記:長男立松功至は今回で4年連続で日展に入選。現在、京都市立美術館にて第38回日展開催中(2006.12年16月〜2007.1月14日)
                      | 京都 | 18:56 | comments(0) | - | - | - |